働く先生たち山崎 未裕 / 岡田 恵 / 橋口 由紀乃


きたはら学園グループで働く3人の先生たちにインタビュー。
楽しいことや嬉しいこと、努力していること、先生たちの声をご紹介します。

File.01

所属:
きたはら幼稚園
名前:
山崎 未裕

山崎 未裕

Q1. 学生時代と今の意識の違いは?

A. 想像していたより、大変だし、忙しい。。。でも、心地よいです。個人だけで頑張るのではなく、組織全体で協力する事が大切だということが良く分かり、学生時代のイメージとはずいぶん違いますね。

Q2. こんなことが楽しい、嬉しい

A. 未裕先生!と言っては私のそばに寄り添ってくれたり、手紙やお花のプレゼントを一生懸命作ってくれたりしたとき。笑顔で「未裕先生」と呼んでくれるととても嬉しいです。

Q3. 社会人になって、私の意識はこう変わった!

A. 一つひとつの行動に責任を持つ。「報告・連絡・相談」の大切さを、きたはら幼稚園に就職して改めて通感しました。

Q4. 子どもや保護者に喜んでもらうための私の努力!

A. 笑顔で迎え入れる。(安心して貰う為)どんなに小さな事でも見逃さず、拾っていけるように注意を払っています。大人の目線だけでなく、子供の目線で物事を見て、沢山の想い、考えを共有していきたいですね。

育成担当より:先輩の話しをしっかり聞いて、毎日どのように子供達と接していくかを良く考えて一所懸命保育をしています。まだ粗削りな所があったり、笑顔が出にくいため(考えすぎて分からなくなるのかな?)注意する事はあるが、しっかりと聞き入れ頑張ろうとする姿が“はなまる”です。


File.02

所属
富士見すくすく保育園
名前
岡田 恵

岡田 恵

Q1. 学生時代と今の意識の違いは?

A. 学生の頃は、やはり実習させて頂いているという認識しかなかったですが、実際に働き始めてみると、担任を任されているという意識の違いがあります。

Q2. こんなことが楽しい、嬉しい

A. 子供が、自分の好きな物の話や家庭での事を話してくれると、その子の事を沢山知ることが出来嬉しくなります。また、名前を呼ばれて頼りにされている時に少しずつですが、この子たちの「先生なんだ」と実感して嬉しさと同時に、もっと頑張ろう!という気持ちになります。

Q3. 社会人になって、私の意識はこう変わった!

A. 全てにおいて「自己責任」が発生するので、常に責任感を持ち、計画的に行動するようになりました。

Q4. 子どもや保護者に喜んでもらうための私の努力!

A. 子供に対しては、沢山話し掛けて会話をし、子供の話も沢山聞いて受け止めてあげるようにしています。会話をすることでその子をよく理解でき、その子自身も自分の事をきちんと見てくれているんだと感じる事が出来ると思うのです。

育成担当より:保育者になる夢を叶える為に、高校の時から専門分野を学んできた恵先生。0歳児の担任になり、子供達に臆することなく関わる事が出来たので、子供達も早くから恵先生を信頼し登園できるようになりました。意思疎通を図るのに難しい年齢の子供達ですが、一人ひとりに沢山話しかけながら心穏やかに子供達とのコミュニケーションを図っています。ベテランの先生と一緒に組み日々の「何故?」を解決しながら頑張っています。目指せ乳児プロフェッショナル!


File.03

所属
ナーサリースクール☆SUKUSUKU
名前
橋口 由紀乃

橋口 由紀乃

Q1. 学生時代と今の意識の違いは?

A. 子どもや保護者だけでなく人との関わりが多くある事、大切なお子さんを預かっているという責任、配慮すべきことが多くある事、周りの環境や次にやるべき事など意識を持って仕事に取り組む事。

Q2. こんなことが楽しい、嬉しい

A. 日々成長を感じられるところが楽しいです。人見知りをして泣いている事が多い子どもが、楽しそうに遊んでいる姿や笑顔を見る事ができた時はとてもやりがいを感じます。

Q3. 社会人になって、私の意識はこう変わった!

働き始めてから生活のリズムを整えるよう意識し日常生活での行動も変化しました。大人としての自覚、社会人としての自覚を持ち始めたからだと思います。

Q4. 子どもや保護者に喜んでもらうための私の努力!

A. 子供には保育園が楽しいと感じて貰えるよう何か出来た時には褒め、遊びの時は発見した物を共有したり一緒に遊び楽しんだりします。保護者の方には、子供のすごいと思った事、偉かった事など、園での様子や成長した事を連絡ノートなどで伝え共有し一緒に成長を喜ぶよう努めています。

育成担当より:とても穏やかで優しい先生です。周囲に対する優しい声掛けで、子供一人ひとりと丁寧に接してくれる素敵な先生です。


エントリー